宅建免許・不動産会社設立に関するコラム。

宅建業免許申請サポート
トップページ宅建業免許不動産会社設立料金のご案内事務所案内お問い合わせ

宅建業新規免許
不動産会社設立
お手続き費用
事務所案内
よくあるご質問
お問い合わせ


 
宅建業新規免許
事務所の要件
専任の宅地建物取引士
代表者の常勤性
宅建免許を取得できない場合
保証協会への加入
宅建免許取得後の手続き


 
不動産会社設立 
合同会社の設立
不動産会社設立の準備
不動産会社設立後の手続き


 
宅建業免許更新手続き 
宅建業免許変更届
宅建業免許の免許換え






     トップページ > 宅建コラム


      宅建業免許と不動産会社設立に関するコラム




ここでは宅建業免許と会社設立に関するちょっとしたコラムを掲載しています。





 <コラム21> 株式会社と合同会社の違い

 <コラム22> 宅建業免許に必要な「登記がされていないことの証明書」とは?

 <コラム23> 宅地建物取引士証の有効期限が切れてしまったら

 <コラム24> 会社の登記簿の目的欄には不動産業を営む記載が必要です。

 <コラム25> 事務所の広さは一定以上必要か?

 <コラム26> 役員の変更手続きを忘れていませんか?

 <コラム27> 事務所以外の案内所等の届出

 <コラム28> 宅建業免許の廃業手続き

 <コラム29> 政令使用人の設置が必要なケース

 <コラム30> 株式会社設立にかかる費用


 <コラム31> 岐阜県・三重県で宅建業免許の取得をお考えの方


 <コラム32> 他県登録でも専任の宅地建物取引士になれるか?


 <コラム33> 宅建業免許を早く取得するコツ


 <コラム34> 宅建業免許の更新期限が切れてしまったら?

 <コラム35> 個人事業で2つの屋号を使うことができるか?

 <コラム36> 独立開業時には円満退職を

 <コラム37> 申請書に添付する事務所写真の撮り方

 <コラム38> 全日本不動産協会愛知県本部の入会キャンペーン

 <コラム39> 宅建業を始めるにあたり別会社を立ち上げる場合

 <コラム40> 常勤を証明する書類

 <コラム41> 宅建業免許の取得が必要な範囲

 <コラム42> 宅地建物取引業協会の入会に必要な推薦人

 <コラム43> 合同会社であっても宅建業の免許を取得することができます









1 2


相談無料・夜間休日対応





司法書士・行政書士榎本事務所

〒451−0042
名古屋市西区那古野二丁目18番7号
TEL 052−589−2331
FAX 052−589−2332


   >  トップページ
   > 宅建業新規免許
   > 不動産会社設立
   > 料金のご案内
 

  > 事務所案内
  > お問い合わせ
  > よくある質問
  >  サイトマップ