愛知県・名古屋で宅建業免許の更新代行。

宅建業免許申請サポート
トップページ宅建業免許不動産会社設立料金のご案内事務所案内お問い合わせ
宅建業更新

宅建業新規免許
不動産会社設立
お手続き費用
事務所案内
よくあるご質問
お問い合わせ


 
宅建業新規免許
事務所の要件
専任の宅地建物取引士
代表者の常勤性
宅建免許を取得できない場合
保証協会への加入
宅建免許取得後の手続き


 
不動産会社設立 
合同会社の設立
不動産会社設立の準備
不動産会社設立後の手続き


 
宅建業免許更新手続き 
宅建業免許変更届
宅建業免許の免許換え
不動産創業融資支援





     トップページ > 宅建更新


      宅建業免許の更新手続きが近い方


 

宅建業免許の
有効期限は5年です。



免許有効期限の90日前から30日前までに更新の申請をする必要があります。書類の作成期間を1カ月とすると、遅くとも期限2カ月前には準備を始める必要があります。

いったん期限が切れてしまうと理由を問わず更新手続きはできず、再度、新規の免許取得となってしまいますので注意が必要です。

新規の取得をすることになってしまうと、当然のことながら申請期間中は営業ができなくなってしまいますし、免許の番号も(1)からということになってしまいます。

本業が忙しくて更新手続きをしている時間がない、更新期限が迫っている、書類の作成を担当していた従業員が退職してしまった等々、宅建免許の更新でお困りの方はお気軽にご相談下さい。






      宅建業免許更新の際の注意点



 

更新の際にまず、変更事項の有無について確認して下さい。



事務所、代表者、役員、、政令使用人、専任の宅地建物取引士等に関して変更が生じている場合には、事前に変更届が必要になります。

変更届は変更が生じた日から30日以内にしなければなりません。期限を過ぎてしまっていると、始末書が必要になってしまいますのでご注意ください。







      宅建業免許更新時に準備するもの


  更新手続きに準備する書類は、基本的には新規の免許取得時と同じです。ご相談時には、前回免許を取得した申請書副本をご用意下さい。


<更新必要書類一覧>

取得場所 必要な方 書類 備考 
市役所、区役所 代表者 住民票 有効期限3か月 
代表者、役員、取引士等 身分証明書 有効期限3か月 
法務局 代表者、役員、取引士等 登記されていないことの証明書 有効期限3か月 
会社 履歴事項全部証明書 有効期限3か月 
税務署 会社または代表者 納税証明書 有効期限3か月 
その他 会社 決算書類一式 直前1年のもの 
専任の取引士 宅地建物取引士証の写し  
会社、個人事業 保証金分担金納付書 原本要 


新規申請との違いとして、新規免許取得後、もしくは前回の更新時から直近5年間の営業実績の報告が必要になります。こちらを調べるのに、大変時間と労力がかかりますので、更新準備は余裕を持ってされて下さい。







      宅建業免許更新手続きの流れ



書類の作成・必要書類の準備
更新免許申請
審査
更新免許通知
免許証交付 




      宅建業免許更新申請にかかる費用



宅建業免許更新にかかる費用は以下の通りです。







報酬  4万8千円  + 消費税
手数料  3万3千円



※必要な書類を当事務所には取得した場合は、実費分が別途発生致します。








相談無料・夜間休日対応







司法書士・行政書士榎本事務所

〒451−0042
名古屋市西区那古野二丁目18番7号
TEL 052−589−2331
FAX 052−589−2332


   >  トップページ
   > 宅建業新規免許
   > 不動産会社設立
   > 料金のご案内
 

  > 事務所案内
  > お問い合わせ
  > よくある質問
  >  サイトマップ